エストロゲン発生のメカニズム

更年期障害の原因となる女性ホルモンのエストロゲンですが、この女性ホルモンは卵巣などで生産されています。

この発生のメカニズムはというと、原料はコレステロールから作られています。

卵巣で生産されますので、卵巣の機能が充実した時期から女性ホルモンのエストロゲンが分泌されていきます。

他にも外卵胞膜細胞、胎盤、福神皮質、男性では精巣間質細胞で作られています。

そのシステムとは、まずは脳化錐体前葉から性腺刺激ホルモンが分泌されます。

そのホルモンは未熟な卵胞を成熟させる働きの他、エストロゲンの分泌を促す働きをします。

このエストロゲンは女性らしい体作りをしてくれる効果の他に多くの効果をもたらしてくれます。

一つは悪玉コレステロールを抑え、善玉コレステロールを増やす働きです。

皮膚ではコラーゲンの合成を促進させますし、骨量のバランスにも役立っています。

血管を広げ、血流を改善させる効果もあるため、動脈効果や心筋梗塞などの疾患の予防効果もあるとされています。

このエストロゲンは血流の改善効果がある為、分泌量が減少してくると薄毛などの症状も出てきます。

薄毛が気になる方はこうした原因が関係しているかもしれませんので、一度医療機関を受診しましょう。

薄毛や抜け毛というと以前は男性向けの商品(http://www.angfa-store.jp/brand/br_lp_jet.jsp)が殆どでしたが、最近では女性向けの商品のCMも見かけるようになりました。

それだけ多くの女性が薄毛に悩んでいる証拠といえるのではないでしょうか。

女性だけの診察室、待合室を備えているクリニックもありますので勇気を出して通ってみてくださいね。